SUMIKOの「ブロマガもまったりお送りしております?」

二日に一度ゲーム実況動画をあげています。ニコニコからはてなブログへ引っ越してきました。

【ConoHa】【GMOD】ConoHaでGMOD専用サーバーを作る方法。【まとめ】

このページは要点のみを簡潔にまとめてみました。

詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

nicosumiko.hatenablog.jp

 

VPNサーバーの設定 [詳細]

  1. ConoHaでVPNサーバーを借りる。
  2. 一般ユーザーを設定し、Sudoを設定する。
  3. 公開鍵を設定する。
  4. rootを使用禁止にする。
  5. 接続ポートを変更する。(firewall

GMODクライアントの設定 [詳細]

  1. ポート(デフォは27015)を開放する。
  2. SteamCMDをインストール
  3. GMOD(4020)とCS:S(232330)をインストール
  4. CS:Sをマウント(mount.cfgの書き換え)
  5. サーバー設定ファイル(server.cfg)の変更(hostnameとsv_passwordの設定)
  6. 起動コマンドにパラメータを渡して起動

GMODサーバーに参加 [詳細]

  1. 従来のブラウザーからサーバーのIPアドレスをお気に入り登録
  2. フィルターを「お気に入り」にして、サーバーを探す
  3. サーバーへの参加

 

【アップデート0.4.8】植生、農業、立体的な雲

アップデート0.4.8:植生、農業、体積雲
 

こんにちは皆さん、

このアップデートは、次の世界世代のアップデートの準備です-それはたくさんの新しい植物と木、野菜と果物、農業と植物の成長、そして体積雲を紹介します!

このアップデートでは、合計で60を超える新しい木(苗木と若いバージョンを含む)、30を超える植物と作物(さまざまな成長段階を考慮しない)、11の岩と枯れ木の幹が導入されます。 このアップデートでは、10を超える新しい食用の果物と野菜、および2つの新しい製錬炉(Javaバージョンからの炉の再加工バージョン)も導入されています。

 

現在、さまざまな植物を栽培することができます。Javaバージョンでの動作と同様に、鎌を使用して作物から苗木を取得し、耕作地(鍬で準備できます)に植えることができます。

新しいコンテンツとは別に、このアップデートでは、ボリュームクラウドの最初のバージョンも導入されています。平らな空のテクスチャとは異なり、これらは世界の実際の「ふわふわした」3D要素です。それらと直接対話することはできませんが、雲の上にそびえる高い山や高層ビルを持つことは可能です。
クラウドは非常に効率的にレンダリングされますが、パフォーマンスへの影響はわずかです。そのため、マシンがすでに新しいバージョンで苦労している場合は、クラウドを無効にする必要があります。これは、グラフィック設定で行うことができます。

雲はすでに天候によって変化しています。たとえば、コンソールに「weather overcast」と入力すると、雲がどのように大きくなり、密度が高くなるかがわかります。

雲の高度に関する注意:現在、雲は比較的低い高度にあるように見えるかもしれませんが、実際には、デモの世界のスポーンポイントはすでに比較的高い高度にあります。これは、世界世代の更新の第2部で変更されます。

 
 

また、この機会を利用して、植生シェーダーを作り直しました。これにより、樹木への風の影響が大幅に改善され、雪のシェーダーが改善されました。 これは、植物や、岩や木の幹などの他の要素にも当てはまります。

新しい植物や樹木のいくつかはすでにデモの世界で出現しますが、それらをすべてチェックしたい場合は、新しいクリエイティブモードの植生配置ツールを使用できます。これを行うには、コンソールを開いて(~を押します)「gm 1」(引用符なし)と入力して,クリエイティブモードを有効にします。F6キーを押して配置ツールを有効にします。 インベントリを開いて新しい植物の1つを選択し、Cを押したままにしてさまざまな設定の放射状メニューを表示します。

新しいコンテンツは、世界世代のアップデートの次の第2部の優れた基盤を提供します。 次のフォレストがどのように表示されるかを示す2つのスクリーンショットを用意しました。次に例を示します。


いつものように、このアップデートでは、さまざまな問題やバグが修正され、内部で他のいくつかの改善が導入されています。たとえば、地形の変更が大幅に高速化されるようになりました。 以下の完全な変更ログを見つけてください。

------

次のアップデートは、世界世代の第2部です。ランダムに生成された世界を作成できるようになり、さまざまな島やより多様な風景(森など)が含まれ、流れる水も導入されます。これは、島を意味します。 砂利に囲まれなくなり、代わりに実際の海ができます。 Trelloロードマップで開発状況を確認してください:)

 


__________________________________________________

 

 

変更ログ2022-06-22(0.4.8):
[新規]ボリュームクラウド

[新規]農業の最初の実装(鍬を使用して耕作可能な土地を準備し、鎌を使用して作物から苗木を収集します)

[新規]新しい栽培可能な植物:トマト、チリ、ジャガイモ、スイカ、レタス、トウモロコシ、ニンジン、麻

[新規]新しい木:アカシア(x2)、アップルツリー、ナンヨウスギ、カバノキ、サボテン(x4)、ヒノキ、ヒッコリー、ロンドンプレーン(x2)、ヤシ、アメリカハナノキ、トウヒ(x6)、しだれブナ、ウィローオーク

[新規]ほぼすべての木の新しい苗木、若いバージョン、枯れたバージョン

[新規]すべての栽培可能な植物の新しい苗木とさまざまな成長段階

[新規]新しい植物:綿、ヘンベイン、ホグウィード、モンステラ(x2)、タンポポ(x3)、シダ(x7)、アロエベラ、花(x7)、ツタ(x3)、低木(x5)

[新規]新しい世界のオブジェクト:9つの新しい岩、2つの木の幹

[新規]新しい食品:ピーマン、ニンジン、唐辛子、クッキー、トウモロコシの穂軸、生姜の根、レタス、梨、ジャガイモ、トマト、スイカ

[新規]新しいオブジェクト:製錬炉と大型製錬炉

[新規]新しいクリエイティブモードツール:植生配置(F6)

[新規]植生用の新しいウィンドシェーダーとスノーシェーダー

[新規]植物の成長期間はゲーム設定で変更できます

[新規]グリッドに配置された単位サイズのブロックをよりパフォーマンスの高い方法でレンダリングできるようになりました

[新規]新しい「ブロックのコピー」キー:現在見ている世界のブロックのコピーをインベントリに追加するか、すでに存在する場合は装備します

[新規]インベントリ内のアイテムにカーソルを合わせているときに1〜5を押すと、ホットバーの対応するスロットに移動します

[新規]インベントリ内のアイテムにカーソルを合わせているときにマウスホイールボタンを押すと、アイテムが装備されます

[新規]Javaブループリントのカスタムテクスチャ置換定義を含むカスタム「JavaTextures.txt」ファイルを設定できるようになりました

[新規]クラフトメニューのアイテム数は、カウントラベルをクリックして直接入力できるようになりました

[新規]空の向きを変更するための「skyrotation」コンソールコマンドを追加しました(太陽が昇る方向と沈む方向に影響します)

[新規]睡眠(夜をスキップ)により、鉱石の製錬とそれに応じた植物の成長がスピードアップするようになりました

[新規]HUDの上部と下部にオプションのシネマティックブラックバーを有効にする設定(「ビュー調整」)を追加しました

[新規]ブループリントの回転ピボットの動作を変更する設定(「その他」)を追加しました(オブジェクトの中心[デフォルト]または領域の中心[Javaバージョンの処理と同様]を切り替えます)

[新規]マルチプレーヤー:プレーヤーが接続できないようにする新しい「ロック」および「ロック解除」入力コマンド(スケジューラーからも利用可能)(たとえば、再起動時に役立つ場合があります)

[新規]マルチプレイヤー:権限「info_shownametag」と「info_nametagalwaysvisible」を追加しました

[新規]マルチプレイヤー:権限「forbidden_​​items」が「#inherit」エントリをサポートし、親の権限からすべての禁止されたアイテムを継承するようになりました

[新規]世界のブロックの形状をさかのぼって変更するための「形状の編集」コマンドを追加しました

[新規]現在のすべてのキーバインディングを含むテキストファイルを作成するための「printkeybindings」コンソールコマンドを追加しました

[新規]Unity2022.1にアップデート

[変更]地形の変更(クリエイティブモードの地形ツール)が大幅に高速化されました

[変更]遠い木のレンダリングを改善しました

[変更]遠方の地形テクスチャの「タイリング」を減らしました

[変更]多数の要素を連続して配置しようとしたときのパフォーマンスが大幅に向上しました

[変更]複数の要素を一列に配置するときのカウントラベルが壁越しに表示されるようになりました

[変更]クラフトメニューのウィンドウフレームにテクスチャIDが表示されるようになりました

[変更]スレッジハンマーで構築要素を分解する場合、アイテムをスポーンするときに元の要素サイズが考慮されます

[変更]ウィンドウフレームにスナップした後、ガラスペインのサイズが再びリセットされるようになりました

[変更]P2PまたはLANゲームでは、ホストをキックまたは禁止することはできなくなりました

[変更]オプションの最大値を超える表示距離が設定されている場合、グラフィック設定を変更してもこの値が上書きされなくなりました

[変更]プレーヤーが軌道上にあるときの惑星の外観を変更しました(Y> 5000)

[変更]チャットでEnterキーを押すと、ツールの作成が妨げられなくなりました

[変更]ブループリントは、ゲームがブループリントフォルダで変更を検出した場合にのみ再ロードされるようになりました

[変更]設定メニューのヘッダーラベルの色を変更しました(視認性を向上させます)

[変更]岩石の衝突形状の精度が向上しました(大規模な岩石の場合)

[バグ修正]マルチプレイヤーで木を伐採できなかったバグを修正しました

[バグ修正]クラフトメニューで砂岩の素材が選択できない問題を修正

[バグ修正]ブロックを回転させた直後にブロックを配置する際のマイナーな精度の問題を修正しました

[バグ修正]インベントリ内のブロックの誤ったテクスチャ配置を修正しました

[バグ修正]アークブロックの形状でテクスチャが引き伸ばされることがある問題を修正

[バグ修正]重複するブロックのピボット/スナップの問題を修正しました(ゲームがスナップするブロックを決定できない場合がありました)

[バグ修正]インベントリ内の別のブロックスタックと交換した後、手のブロックが常に正しく更新されない問題を修正しました

[バグ修正]多数の要素を連続して配置するとクラッシュする問題を修正しました(フィードバックが必要)

[バグ修正]突然のデータ損失、つまり構造要素の欠落などを引き起こすバグを修正できれば幸いです(フィードが必要)

 

 

 
Update 0.4.8: Vegetation, farming and volumetric clouds
Hi folks,

this update is a preparation for the upcoming world generation update - it introduces lots of new plants and trees, vegetables and fruits, farming and plant growth as well as volumetric clouds!

In total, this update introduces more than 60 new trees (including saplings and young versions), more than 30 plants and crops (without taking the various growth stages into account) and 11 rocks and dead tree trunks. This update also introduces more than 10 new edible fruits and vegetables as well as two new smelting furnaces (which are reworked versions of the furnaces from the Java version).




Various plants can be cultivated now: Similar to how it worked in the Java version, you can get a seedling from crops by using the sickle, which can then be planted on arable land (which can be prepared with a hoe).

Apart from the new content, this update also introduces a first version of volumetric clouds: Unlike a flat sky texture, they're actual "fluffy" 3D elements in the world. While you can't directly interact with them, it's still possible to have tall mountains or skyscrapers which soar above the clouds.
While the clouds are rendered very efficiently, they still have a small impact on performance, so if your machine is already struggling with the new version, it may be necessary to disable them - this can be done in the graphics settings.

Clouds already change depending on the weather. For instance, if you type "weather overcast" into console, you will see how the clouds will become bigger and more dense.

One note about the cloud altitude: The clouds may appear to be at a relatively low altitude currently, but actually the spawn point in the demo world is already at a relatively high elevation. This will change with the 2nd part of the world gen update.




We also took this opportunity to rework the vegetation shader - there is now a much better wind effect on trees and a better shader for snow. This also applies to plants and other elements like boulders or tree trunks.

Some of the new plants and trees will already spawn in the demo world, but if you want to check them all out, you can use the new creative mode vegetation placement tool: To do that, enable the creative mode by opening the console (press ~) and type "gm 1" (without quot. marks), then press F6 to enable the placement tool. Open your inventory to select one of the new plants, and hold C to bring up a radial menu with various settings.

The new content will provide a good foundation for the upcoming 2nd part of the world generation update. We've prepared two screenshots which will give you an idea of the how the upcoming forests will look like, for example:






As always, this update also fixes various issues, bugs and introduces some other improvements under the hood: For instance, terrain modifications will work considerably faster now. Please find the full changelog below.

------

The next update will be the 2nd part of the world generation: It will enable you to create randomly generated worlds, it will contain various islands and more diverse landscapes (forests etc), and it will also introduce flowing water - this also means the islands will no longer be surrounded by gravel, instead there will be actual oceans. Feel free to check out the development status on our Trello Roadmap :)


__________________________________________________

Changelog 2022-06-22 (0.4.8):
  • [New] Volumetric clouds
  • [New] First implementation of farming (use the hoe to prepare arable land, and use the sickle to collect seedlings from crops)
  • [New] New cultivable plants: tomato, chili, potato, watermelon, lettuce, corn, carrot, hemp
  • [New] New trees: acacia (x2), appletree, araucaria, birch, cactus (x4), cypress, hickory, london-plane (x2), palm, red maple, spruces (x6), weeping beech, willow oak
  • [New] New saplings, young versions and dead versions of almost all trees
  • [New] New saplings and different growth stages for all cultivable plants
  • [New] New plants: cotton, henbane, hogweed, monstera (x2), dandelion (x3), fern (x7), aloe vera, flowers (x7), ivy (x3), bushes (x5)
  • [New] New world objects: 9 new rocks, 2 tree trunks
  • [New] New food: bell pepper, carrot, chili, cookie, corncob, gingerroot, lettuce, pear, potato, tomato, watermelon
  • [New] New objects: Smelting furnace and big smelting furnace
  • [New] New creative mode tool: Vegetation placement (F6)
  • [New] New wind and snow shaders for vegetation
  • [New] Plant growth duration can be changed in the game settings
  • [New] Blocks with unit size which are placed in the grid can now be rendered more performantly
  • [New] New "Copy block" key: Adds a copy of the block in the world you're currently looking at to your inventory, or equips it if it already exists
  • [New] Pressing 1-5 while hovering an item in inventory moves it to the according slot in the hotbar
  • [New] Pressing the mouse wheel button while hovering an item in inventory equips the item
  • [New] It's now possible to set up a custom "JavaTextures.txt" file containing custom texture replacement definitions for Java blueprints
  • [New] Item count in crafting menu can now be entered directly by clicking on the count label
  • [New] Added "skyrotation" console command to change the sky orientation (affects direction where the sun rises and sets)
  • [New] Sleeping (skipping nights) now speeds up ore smelting and plant growth accordingly
  • [New] Added setting ("View adjustment") to enable optional cinematic black bars at the top and bottom of the HUD
  • [New] Added setting ("Misc") to change blueprint rotation pivot behaviour (toggle between center of object [default] or center of area [similar to Java version handling])
  • [New] Multiplayer: New "lock" and "unlock" input command (also available via Scheduler) to prevent players from connecting (may be useful during restarts, for example)
  • [New] Multiplayer: Added permissions "info_shownametag" and "info_nametagalwaysvisible"
  • [New] Multiplayer: Permission "forbidden_items" now supports "#inherit" entry to inherit all forbidden items from the parent permission
  • [New] Added "edit shape" command to retroactively change the shape of a block in the world
  • [New] Added "printkeybindings" console command to create a text file containing all current key bindings
  • [New] Update to Unity 2022.1
  • [Change] Terrain modifications (creative mode terrain tools) are considerably faster now
  • [Change] Improved rendering of distant trees
  • [Change] Reduced "tiling" on distant terrain textures
  • [Change] Greatly improved performance when trying to place lots of elements in a row
  • [Change] Count label when placing multiple elements in a row is now visible through walls
  • [Change] Texture IDs are now visible for window frames in crafting menu
  • [Change] When deconstructing construction elements with a sledgehammer, the original element size is taken into account when spawning the item
  • [Change] Glass pane size is now reset again after snapping to window frames
  • [Change] In P2P or LAN games it's no longer possible to kick or ban the host
  • [Change] If a view distance greater than the max value in options is set, changing graphics settings no longer override this value
  • [Change] Changed appearance of the planet when player is in orbit (Y > 5000)
  • [Change] Pressing enter in chat no longer interferes with building tools
  • [Change] Blueprints will now only be reloaded if the game detects any changes in the blueprints folder
  • [Change] Changed color of header labels in settings menu (increases visibility)
  • [Change] Increased precision of rock collision shapes (for large-scaled rocks)
  • [Bugfix] Fixed bug which prevented you from cutting down trees in multiplayer
  • [Bugfix] Fixed sandstone materials not being selectable in crafting menu
  • [Bugfix] Fixed minor precision issues when placing a block right after rotating it
  • [Bugfix] Fixed wrong texture alignment on blocks in inventory
  • [Bugfix] Fixed texture sometimes getting stretched on arc block shapes
  • [Bugfix] Fixed pivot / snapping issues on overlapping blocks (game sometimes couldn't decide which block to snap to)
  • [Bugfix] Fixed blocks in hands not always updating properly after exchanging them with another stack of blocks in inventory
  • [Bugfix] Fixed crash when placing lots of elements in a row (need feedback)
  • [Bugfix] Hopefully fixed bug causing sudden data loss, i.e. missing construction elements etc (need feedback)
  • [Bugfix] Fixed issue which caused the game to use more than 2 directions when placing elements in a row (despite different setting)
  • [Bugfix] Fixed black borders on panorama screenshots (use "panorama" console command)
  • [Bugfix] Using console commands no longer resets the game window size (when playing in windowed mode)
  • [Bugfix] Fixed "blueprints" console command
  • [Bugfix] Fixed "cleanup items" console command
  • [Bugfix] Fixed blocks being removed from inventory even though they could not be placed
  • [Bugfix] Fixed issue with dedicated server if it was launched from the Steam client
  • [Bugfix] Fixed error when game could not initialize an audio input device
  • [Bugfix] Fixed error when changing paint roller color

【BGA】FACTUMオンライン版ルール・直訳

FACTUM

 

Google翻訳センセイによるAI翻訳です。ルールを把握次第、修正して完成させます。

原文: http://zebo.org/Factum_Rules_Online_EN_v0.1.pdf

 

概要

Factumは、自分の人生の実際の物語を語り、さまざまなプロットを描いたカードでそれらをつなぐボードゲームです。
他のプレイヤーはこれらのカードを推測しようとします。
プレイヤーが新しい視点からお互いを知ることができる4〜12人用のゲームです。

 

一目でわかるルール

プレイヤーにはそれぞれ5枚のカードが配られます。
次に、スタートプレイヤーがそのうちの1枚のカードに関連付けて、ストーリーを作成します。(ストーリーテラーチームのキャプテンになります。)

プレイヤーはストーリーテラーチームとジャッジチームの2つのチームに分けられ、それぞれのチームのキャプテンとメンバーが決まります。

ジャッジチームのキャプテンは、ストーリーテラーがどのカードを選んだのかわかっています。そのうえで、とぢらのチームがこのカードを当てるか選ぶことができます。

推測チームに選ばれなかったチームのメンバーは相手のチームを混乱させるため、自分の手札からストーリーにできるだけ一致するようなカードの1枚ずつ加えていきます。

推理チームのメンバーはストーリーがどのカードのことを言っているのか、推測して当てます。

 

完全なルール

メインのゲームサイクルには6つのステージがあります。


1.ストーリーテリング

a. ストーリーテラーになるためのプレイヤー
ゲームを開始する最初のプレイヤーは、自分のカードの1つに合うストーリーを作ります。このプレーヤーは、ストーリーテリングチームのキャプテンになります。

 

b. チームの分割
ストーリーテラーが選ばれると、プレイヤー(ストーリーテラーを含む)は自動的に同数のプレイヤーがいる2つのチームに分割されます。プレイヤーの数が奇数の場合、ストーリーテラーのチームにが1人多いように配置されます。

 

c. 実際の話
ストーリーテリングキャプテンはみんなに自分のストーリーを伝えます。
これはさまざまな方法で実行できます。

ストーリーが終了した後、ストーリーテラーは対応するボタンを押すことでこれを正式に承認します。

 

2.ジャッジ

ジャッチチームのプレーヤーの1人がキャプテンになります。
ジャッジはストーリーテラーのカードを見て、どちらのチームがこのストーリーを推測するかを決定します。

  • カードがストーリーに関連してあまりにも明白であるとジャッジが考える場合、通常、ジャッジチームにそれを推測させることは理にかなっています。ストーリーテラーのチームは、ジャッジのチームを混乱させようとします。
  • カードを推測するのが難しいとジャッジが判断した場合は、ストーリーテラーのチームに推測を任せるのが理にかなっています。ジャッチのチームはストーリーテラーのチームを混乱させようとしているでしょう
3.カードの追加

推測していないチームのすべてのプレイヤー(キャプテンを含む)は、自分の手からストーリーの本質を最もよく反映するカードを1つ選び、それをストーリーテラーのカードに追加します。
推測していないチームの目標は、対戦相手にストーリーテラーのカードではなく自分のカードを選択させることです。(得点が入ります)したがって、ストーリーにできるだけ一致するカードを見つけるように努める必要があります。
カードが5枚未満(ストーリーテラーのカードを含む)の場合、デッキからランダムなカードをいくつか追加して5枚にします。

4.推測

すべてのカードはシャッフルされ、表を上にしてテーブルに置かれます。
推測チームは、どのカードがストーリーテラーのカードであるかを相互に決定します。
彼らは投票の過半数によって決定を下さなければなりません。
ストーリーテラーとジャッジは黙っていなければなりませんが、反対側のチームのメンバーが何かを言って、推測者を彼らのコメントと混同しようとすることは問題ありません。

 

5.スコアリング

推測チームのプレーヤーがストーリーテラーのカードを正しく推測した場合、全員が勝ち、それぞれ1ポイントを獲得します。
推測が間違っていると、混乱しているチームのプレーヤーが勝ち、それぞれ1ポイントを獲得します。
 
優勝チームのキャプテン(ストーリーテラーまたはジャッジ)の場合、追加のポイントが1つ、つまり合計2ポイントになります。

あなたのカードが推測チームによって誤って選ばれた場合、あなたは1ポイント余分に得られます。

 

つまり・・・

  • 勝利チームのプレーヤー:+1ポイント
  • 勝利チームのキャプテン:+1ポイント
  • 誤ったカードを引かせたプレイヤー:+1ポイント
  • あなたのストーリーがベストストーリーとして選ばれました(次のセクションを参照):+3ポイント

したがって、1ターンに獲得できるポイントの最大数は6です。
たとえば、あなたはストーリーテラーであり、推測は裁判官のチームによって追い抜かれ、あなたは自分のストーリーに別のカードを追加し、この2番目のカードは推測(裁判官の)チームによって選択されました。
また、投票後、あなたのストーリーは前のストーリーを上回りました。
勝利した(紛らわしい)チームのメンバーとして1ポイントを獲得します。キャプテン(ストーリーテラー)として1ポイント追加。推測チームをあなたのカードと混同した人として1ポイント。そして最高の物語の語り手としての3つのポイント。

6.最高のストーリーに投票する

2番目の動きとその後のすべての動きの後、プレイヤーは密かに最高のストーリーに投票します。
彼らは現在の話を前の話と比較します。
評価する必要があるのはストーリー自体の品質であり、カードやストーリーがカードと一致する度合いではありません。
現在のストーリーのストーリーテラーも前のストーリーのストーリーテラーも投票に参加しません。
したがって、現在のストーリーは常に過去のすべての投票ラウンドの勝利ストーリーと比較されます。2番目のストーリーは最初のストーリーと競合し、最初の2つの間の勝利ストーリーは3番目のストーリーと競合し、最初の3つの間の勝利ストーリーは4番目のストーリーと競合します。等々。

投票の過半数でストーリーが選ばれたストーリーテラーは3ポイントを獲得します。
投票が同数の場合、タイトルの前の所有者はそれを保持します(ただし、追加の3ポイントは取得されません)。
これらの3ポイントは「譲渡可能」です。別のストーリーテラーのストーリーが選択された場合、この新しいストーリーテラーは3ポイントを獲得し、前のストーリーテラーはスコアから3ポイントを差し引きます。

ターン終了

このターンにプレイされたカードは、捨て札パイルに捨てられます。
各プレイヤーは新しいカードを手に入れ、自分の手札を5枚のカードに等しくします。
カードのデッキがなくなると、廃棄パイルがシャッフルされて再度使用されます。
新しいターンが始まり、新しいボランティアが求められます。
同じプレイヤーが2回続けてストーリーテラーになることはできませんが、他のすべてのプレイヤーは大歓迎です。
新しいターンが始まり、新しいボランティアが求められます。
同じプレイヤーが2回続けてストーリーテラーになることはできませんが、他のすべてのプレイヤーは大歓迎です。

ゲーム終了

最初に15ポイントを獲得したプレイヤーが勝者です。

推奨事項

適切なバランス:ストーリーとカードの間のリンクはあまり明白であってはなりません(そうでなければ、反対側のチームのジャッジがそれを「追い越し」ます)。しかし、それも難しいことではありません。
バランスには練習が伴います

感情的な要約へのリンク:通常、ストーリーをカードの特定の詳細にリンクすることは悪い戦術です。たとえば、写真に猫が写っていて、その話が猫に関するものであるか、猫について言及している場合です。例外があるかもしれませんが、これは通常、対戦相手のチームがスコアを獲得することにつながります。代わりに、ストーリーの「感情的な要約」とカードの「感情的な要約」の関係を見つけてみてください。たとえば、あなたの話は運転免許証を取得する喜びについてです。悪い選択は車についてのカードでしょう。勝利の感覚についてのカードが良い選択でしょう。

キャプテンになるメリット:キャプテンの役割により、ストーリーテラーとジャッジの両方として追加のポイントを獲得できます。可能な限り、最初にボランティアになるようにしてください。

2枚の同様のカードの秘訣:キャプテンが追加のポイントを獲得する方法には、いくつかの追加の戦術があります。

  • ストーリーテラーとして、類似したカードが2枚ある場合は、あまり目立たない(ただしまだ目立たない)カードをメインカードとして選択します。ジャッジが推測を追い抜いた場合、あなたは2枚目のより一致するカードを追加し、反対側のチームに2枚目のカードを選ぶように誘惑する機会を得ます。あなたは3ポイントを獲得します
  • ジャッジとして、ストーリーテラーのカードよりもストーリーに一致するカードがある場合は、ストーリーテラーのチームに推測を任せ、カードを追加して、対戦相手がストーリーテラーのカードではなくあなたのカードを選択することを期待します。

【GMOD】ありふれた村レギュレーション【TTT2】【2022年4月23日視聴者参加回】

【GMOD】ありふれた村レギュレーション【TTT2】【2022年4月23日視聴者参加回】

 

役職紹介

イノセント Innocent

特に能力がない、しがないテロリストたち。それゆえに、推理の中心となるだろう。

 

トレーター Traitor

テロリストの中の裏切り者。クレジット(一人陣営なら3、多人数陣営なら2)を持ち、アイテムを駆使して、イノセントを倒す。

 

コンプライス(狂人) Accomplice

※5人以上のレギュレーションで、50%の確率で登場。

狂人はなんの能力もないが、トレーター陣営に属する。自身は、誰がトレーターかわからないが、トレーターからは君が狂人であることはわかっている。トレーターからの接触を待とう。

 

ディテクティブ(探偵) Detective

※6人以上のレギュレーションで、100%の確率で登場。

イノセント陣営。ディテクティブ専用ショップでアイテムを買える。初期クレジットは2。誰の目からも探偵であることはわかり、確定で白と呼べるプレイヤーである。

 

ライカンスロープ人狼)Lycanethrope

※7人以上のレギュレーションで、100%の確率で登場。

イノセント陣営。特に能力は持たないが、イノセント陣営最後の一人になると覚醒。アーマー値や移動速度、攻撃力、最大ライフの増加、さらには体力の自動回復までするイノセントの最終兵器。

 

スパイ Spy

※7人以上のレギュレーションで、50%の確率で登場。

イノセント陣営。トレーターショップでアイテムを買える。トレーターからはトレーターとして認識されるが、自身は誰がトレーターかはわからない。スパイが登場したラウンドはチームチャットが使えなくなる。

 

ジャッカル Jackal

※8人以上のレギュレーションで、50%の確率で登場。

第三陣営。トレーターショップでアイテムを買える。サイドキックディーグルという特殊なデザートイーグルで、誰か一人をサイドキック(部下)にすることができる。サイドキックはジャッカルの死後、ジャッカルに昇格する。

 

シリアルキラー Serial Killer

※8人以上のレギュレーションで、50%の確率で登場。

第三陣営。トレーターショップでアイテムを買える。仲間のいない一人陣営だが、ナイフと、常に敵の居場所がリアルタイムにわかるトラッカーを持っている。

 

 

特殊武器

 

サイレントAWP(Silent AWP)

消音機のついた必殺のライフル。装弾数2発のみだが、かすっただけで即死。

 

トーマス(Thomas Weapon)

壁を貫通して機関車を発射する。触れれば即死。

 

RPG-7

装填に時間がかかるが、広範囲を爆発させるバズーカ。装弾数は3。

 

ガウスライフル(Gauss Rifle)

装填が容易なRPGの上位互換。装弾数は2。

 

クローキングデバイス(Cloaking Device)

透明化する。透明化中は攻撃できない。透明化および解除時に独特な音がなる。

 

サンドイッチ(Sandwich)

HPを回復できる。落ちたサンドイッチは食べるとダメージ。

 

紙飛行機(Paper Plane)

敵対陣営を追尾する爆弾付きの紙飛行機。

 

蘇生機(Defbrillator)

死者を蘇生させる。ヘッドショットされた者は復活できない。

 

トリップワイヤー(M4 SLAM)

設置型の爆弾。右クリックで設置。赤いレーザーに触れると爆発。

 

必要アドオン

steamcommunity.com

【ConoHa】新しいサーバーを借りて、GMOD専用サーバーにする話 第2話

【ConoHa】VPNサーバー(CentOS)にGMODクライアントをインストールする話

f:id:xxSUMIKOxx:20210905170707j:plain

いよいよ、レンタルしたサーバーにGMODのクライアントをインストールします。

ただ、今回金銭面の問題で、以前にインストール済みのサーバーで設定を進めたため、「記憶をたどりつつ、解説サイトの翻訳をする」形で執筆しております。

そのため、実際と違う部分あるかもしれませんので、何かありましたら、コメントください。

 

なお、本記事は以下のサイトを参考にしています。

原文(英語)が読める方はこちらを参照した方が確実かもです。

docs.ttt2.neoxult.de

 

続きを読む

【ConoHa】新しいサーバーを借りて、GMOD専用サーバーにする話 第1話

f:id:xxSUMIKOxx:20210905170707j:plain

【ConoHa】ConohaのVPSサーバーを借りて、使えるようにする話。

ConoHaでサーバーを借りて、GMOD専用サーバーにする話です。

今回借りるのは、ConoHa VPS、OSはRising Worldで学習済みのCent OSを予定しています。

なお、自分メモなので、わかりづらい部分あると思いますので、不明点はコメントでお願いします。

 

第一回はサーバーの構築の話。

GMODの話は二話からの予定。(サーバー持ってて動かしてる人は読む必要ないです。)

 

続きを読む